仕出しの目的

仕出しとは、文字が表す如く「仕」は「作る」、「出し」はそのまま「出す」に当たることから、料理を作って出すという意味合いです。
ただ料理を食べたいが故に注文をするのであれば、出前でも宅配の惣菜などでも良いわけですが、仕出しを注文する場面というのは、どのようなときでしょうか?

仙台 仕出し

仕出しは出前と異なり、仕出しが必要な日の数日前など、事前にある程度の数量を予約した上で準備します。
お祝い事や法事などの席では、お客を招く側の人も様々な準備に追われ、自宅で宴席の料理を全て準備することは、とても労力が必要になります。
昔は慶弔の席なども自宅で行い、近所のご婦人が皆で協力し合って宴席用の料理などを担当しましたが、現代ではそのような習慣が残る地域も稀で、核家族中心で生活が営まれる都会などでは、尚更そのように自前で宴席の料理を準備することは難しいでしょう。

平成23年(2011年)の都市別国際会議開催件数 3年連続 第2位! - お知らせ - 公益財団法人 福岡観光コンベンションビューロー

また、料理を人数分ふるまうにしても、催し事の席には色々な立場の人が訪問します。

例えば法事などでお坊さんを呼び、宴席にも出席して貰う場合など、身内と同じ大皿に盛った料理を取り分けて食べて貰うことは失礼にもあたります。

TKPmap - GoogleMaps

勿論、他にも身内以外の人がいる場合も多く、一人一人が食べ切ることの出来る食事量もそれぞれに違うことから、人数に合わせて一人一膳にする必要があるのです。

また、見知らぬ人が揃う中で、持て成す際に失礼にならない程度の料理の種類も必要ですし、食べ物の好みも人それぞれ違うでしょう。食べ物の好き嫌いの多い人でも、仕出しであれば何かしら口に出来るものもあると思われます。

ある程度の品数も揃い、見た目も華やかな仕出しを出す目的は、単なる準備の問題以外に、出来る限り出席者に失礼の無いお持て成しをする為の膳である、ということになります。