海外にハネムーン

ハネムーンで海外に行くとして、さてあなたはどこに行きますか?これまでのテーマでも紹介したように、普遍的に人気があるのはヨーロッパ諸国や南国リゾートです。ヨーロッパの中でもイタリアや南の島ハワイはダントツだそう。その他にもオーストラリアやタヒチ、モルディブなどと続きます。

仙台 結婚式

イタリアが人気な理由は歴史的建造物が多く、たくさんの見所があるヨーロッパの中でも、ベネチアなど少し趣の変わったカップル向けの観光地が魅力的だからではないでしょうか。食事も日本人の味覚にあうため、観光、グルメも含め総合的に選ばれやすいと考えられます。

挙式 神前式とは|大宮八幡宮式場 清涼殿

日本人にとって馴染みのあるハワイは、日本語が通じるところも多く、治安が良い上、更に1年中季節を選ばないので人気があるのもうなずけますね。オーストラリアは南半球の雰囲気を味わえるハネムーン先。大陸独自の文化や自然に触れることができ、街歩きにもリゾートにも対応可能なホスピタリティを持っています。一時期のブームよりは減少しましたが、依然としてハネムーン先としては人気があるようです。

神前式xアットホームパーティ -ぐるなびウエディング

ところで、一般的には日本国内で結婚式を挙げ、その後海外へ出発というスケジュールがほとんどだと思いますが、思いっきり海外の雰囲気を楽しみたいのであれば、いっそのこと海外ウェディングを検討してみてはいかがでしょう。ハネムーン先で挙式をすれば、そのまま移動時間も考えずに旅行に入れますし、海外のロマンチックなロケーションでの挙式ということを前提に考えると、単なるハネムーン先とは異なる視点でのプランニングができます。

例えば、海外挙式でも最も人気が高い場所の一つ、ハワイでは、海を望む絶景のチャペルのほか、歴史のある重厚な雰囲気のチャペル、さらに有名女優が挙式をしたという美しいチャペルがあるなど、挙式に関する要望を全て叶えてくれそう。ゲストの負担を考えるのであればグアムがおすすめです。3時間程度で日本から到着できるため、気兼ねなく式に招待できますね。グアムのチャペルは小ぢんまりとしていてとても可愛い印象のものが多いんですよ。

ヨーロッパでの海外ウエディングでは、古城での挙式など歴史を感じさせる演出が可能です。渡航に時間がかかるため、ゲストは限られてしまいますが、その分密度の濃い素晴らしい思い出が作れることでしょう。こうしてみると、人気のハネムーン先と海外ウェディングの人気が大部分で重なっていることがわかるでしょう。海外挙式&ハネムーンを同時に考えるのも一生に一度の機会の今かもしれませんよ。