新しい言語を学ぶ楽しさ

皆さんが英語を学ぶという事は、今まで日常使っていた日本語以外の言語、“新しい言語”を学ぶという事です。皆さんも経験があると思いますが、新しく物事を始める時って楽しいですよね。前日はワクワクして中々寝付けなかったりするものです。

仙台 こども英会話の案内

しかし、英語や英会話になるとどうしても、言語の“勉強”と考えてしまい、堅苦しく感じてしまいます。勉強という意識が強すぎて、途中で嫌になり断念してしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、英語や英会話を“勉強”ではなくコミュニケーションの道具の一つと考えてみてはいかがでしょうか。英会話は“目的”では無く“手段”と考えるのです。

我々はどこまでバイリンガルに近づけるか

人間の脳は、知識を仕入れると喜ぶそうです。テレビでクイズ番組や雑学系の番組を放送していると、何となく見てしまいますよね。それは人が知識を求めているからなのだそうです。言語には国ごとのストーリーも隠されています。動物の鳴き声も日本語と全く聞こえ方が違っていて比較しても面白いです。

On Off and Beyond: バイリンガル脳

そう、言語を覚えるという事は、今まで知る事の出来なかった世界を知るという事なのです。読めなかった本も読め、話すことが出来なかった人と話すことが出来る。英語を使えるだけで、世界は何倍、いや何十倍にも広がっていくのです。

言語の学習を“勉強”と考えると拒否反応を示したくもなりますが、その先の“世界を知る”という事まで考えると、ワクワクしてきませんか?英語の先に何が待っているのか、あなた自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。