太陽光発電とは

我々の生活にとって大切な電気ですが、震災以降の原発問題もあり改めて関心が集まっています。特に太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーを電力に変える方法は幾つも有りますが、一般家庭にも広く使用されているのは太陽光発電が多い為、身近に感じる人も多いと思われます。

現在は一般の人でも太陽光発電で発電し、余った電力があれば電力会社に売ることも出来ます。一般家庭で使用される発電システムの多くは3~4kwの発電力で、「余剰電力買い取り制度」の対象となります。

太陽光発電のシステムは、家屋やビルなどの建物の屋根や屋上部分に太陽電池パネルを設置し、そのパネルに日光が当たることで光のエネルギーを電力に変換する仕組みです。

では、太陽光発電とはどのような仕組みで太陽のエネルギーを電力に変えているのでしょうか。

クリーンエネルギー天然ガス | 仙台市ガス局ホームページ

太陽光発電のシステムは、家屋やビルなどの建物の屋根や屋上部分に太陽電池パネルを設置し、そのパネルに日光が当たることで光のエネルギーを電力に変換する仕組みです。

詳しくは、光が当たると電気を発生する太陽光発電素子を利用し、エネルギーを直接電気に変換するもので、一般的にシリコン製の半導体素子で作られています。

この半導体素子に光が当たると、半導体の中に正の電気と負の電気が発生します。それぞれの電気は別の場所に集まり、太陽光発電素子の電極間に電圧が発生します。

クリーン・エネルギー・アプリケーション

この電極間に負荷をつなげると電気が流れるという仕組みですが、この時点では電機は直流なので、一般の電気製品に使用するためには交流に変換するインバーターが必要となります。

太陽光発電は、集めたエネルギーを電力に変換する発電機が必要ありません。

その為、メンテナンスに掛る労力やコストが必要ないことと、システムの自動化や無人運転科が可能な為、全てのランニングコストの削減につなげることが出来ます。



また、日頃のシステムの運転に関しても、振動や騒音の発生は無く、排ガスも排出しない為、環境汚染の心配が無い、非常に優れたクリーンな発電システムです。